ご挨拶

-おもてなしで今を極める-

茶道に代表される おもてなし の可能性を広げるには、
茶を楽しむ層を新たに開拓することが不可欠です。

これまでの高尚な文化としての「茶道」は、若者や外国人、いえ日本人にさえも敷居が高く、
非日常のものと、とらえられています。

一二三会では日本文化としての おもてなし への入り口として、
仕事場や家庭でお抹茶を点てるライフスタイルとしての生きた茶道を探究し、提供しています。

日常で茶道が生きてこそ、日本が世界に誇る「用の美」を顕す おもてなし となり
これは、「おもてなしで今を極める」ことに他なりません。

日常生活で点てられたお抹茶は、目の覚めるようなグリーンの色合いと香りを伝え、
それを抱いたお茶碗は、私たちが住む地球そのものの美を顕します。
日本文化の深い味わいは、おもてなし を通して、一期一会で楽しめる新しいジャポニズムとして、
現代の日本だけでなく、世界中で受け入れられると信じています。

一二三会代表 久保比登美