稽古日時 ・稽古
 月曜日、火曜日、水曜日9~21時(最終入室19時)
 土曜日、日曜日9~17時(最終入室15時)
 (月8日ほど)
 
・立礼(テーブルとイス席)
 金曜日9~21時(最終入室19時)
 (月2~3日)
 (稽古、立礼ともに、稽古時間は1時間半位を目安にお考えください)
 
・花月(月2回 水曜日19~21時、土曜日9~12時)
 
 稽古、立礼、花月の日程を2ヶ月前に連絡します。
 その内から、貴方が来られる月2回の稽古日を連絡してください。
 
 稽古日は振替可能です(当日の振替はお断りします)
年間行事 初釜(1月 成人の日)、炉開(11月3日 文化の日)、茶事、茶会
 
初釜や炉開は、稽古人一同が集まりお祝いをします。
茶事や茶会では、お客様をご招待しおもてなしします。
座学 月1回 土曜日
 
茶道史や茶室などの勉強会をしています。
課外授業で茶花見学、美術館見学なども取り入れています。
入門料 10,000円
稽古 月2回
月謝 10,000円(大学生・高校生8,000円、中学生・小学生5,000円)
その他年中行事などは別途
連絡先 お問い合わせは、こちらまでメールをお送りください。

よくあるご質問

Q.どのような人が稽古していますか?

A.30、40代のビジネスマンを中心に、幼稚園年長から大学生、60代の方まで稽古しています。
男女比は5対5くらいです。

Q.稽古日時はどのように決まりますか?

A.稽古日の中で希望を元に決定します。
前日までであれば変更可能です。

Q.お稽古は着物で行うのでしょうか?

A.洋服でも結構です。
お稽古時に白足袋、または白い靴下に履き替えてください。

Q.始めるには何が必要ですか?

A.懐中道具、白足袋、または白い靴下のみです。
懐中道具とは、扇子、帛紗、懐紙、楊枝を指します。
詳細は入門時に説明いたします。

Q.正座が苦手なのですが、お茶のお稽古に通えますか?

A.長時間、正座する必要はありません。だんだんと慣れてください。
また、テーブルとイスを使った立礼(りゅうれい)というお稽古もあります。