「花月」は、複数の人たちでお茶を学び合う稽古です。

江戸中期に、更なる茶道練磨を目的として、家元や僧侶らによって編み出されました。
基本的には、五人がリレー方式でお点前を行います。

互いのお点前、やりとり、全体の流れを見ることで、
自分のおかれた状況に合わせて、お稽古だけではなく、
日常でも精一杯の働きができるように「場」の中の自分を見つめる心の修練をしていきます。

※江戸中期に、禅僧が身にそなえるべき七つの徳「七事随身」にちなんで、
「七事式」が制定され、その一つが「花月」です。