代表

一二三会代表 久保 比登美(Hitomi Kubo)

裏千家茶道助教授
・稽古場茶道指導、出稽古 企業出稽古
・一般の方を対象に体験茶会
・他の専門分野とのコラボレーション茶会 能茶会、散走茶会、テーブル茶会、キャンドルナイト茶会
・茶道に関する講演


略歴

神戸生まれ
15歳から茶道を学び続ける
神戸山手女子短期大学卒業後、金融系健康保険組合に勤める
阪神大震災に遭遇し、茶の道を志す
京都の茶道具商に6年間勤務
裏千家学園茶道専門学校修業
2009年東京護国寺に、裏千家茶道稽古場「一二三会」を設立
2011年日常にお茶を活かす「おもてなし講座」を開設

着物着付講師、未生流派真正流


自己紹介

私は、15歳から自宅裏にある茶道稽古場で、お茶を習い始めました。
お茶の先生は、地域の神社仏閣に貢献する人で、
高校生の時から神社やお寺でのお茶会や月釜で、
毎月のようにお点前をさせて頂きました。
お茶のお稽古や人におもてなしをするのが大好きで、
お茶を通じて日本文化に魅了されていました。

お茶の先生は、同時に未生流派 真正流家元でもあったので、
お茶のお稽古の後に、生け花のお稽古もしていました。

19歳のとき、お茶会の度に、着物の着付けを依頼していることに違和感を覚え、
着付け教室に通い、花嫁衣裳を着つける講師資格まで習得し、
仕事帰りの夜のクラスで、着付け教室の助手をする数年間を過ごしました。

阪神大震災に遭遇し、命のはかなさ、生きる大切さを感じ、
一生の仕事として茶道の道を志しました。

京都の茶道具商に務め、茶道の流儀の違い、京都、東京、地方の地域のお茶の在り方、
茶道具の種類や取り扱いかたに関して学び、
お茶のお稽古を始めた人から玄人の茶人に茶道具をお薦めするまで、
お茶と接するさまざまな人たちの考え方に触れることができました。

また、茶道具作家の個展や職人に携わる過程で、
作家や職人の伝えたいことと、お客様の望むことに、
温度差がある事に気づき、
双方の潤滑油になることを大切に関わりました。

2009年には、不思議なご縁で、
東のお茶の総本山にすると高橋帚庵が志した東京護国寺の裏手に、
裏千家茶道「一二三会」を設立することができました。

このような環境の中で、茶事や茶会、祭りでのお茶のご接待など、
大小さまざまな催しを経験させていただきました。

私の人生を振り返ると、お茶をするためのさまざまな環境が用意されていました。
お茶は、総合芸術といわれるように奥深く、日本文化と精神を背負っています。
私は、お茶は特別なものではなく、全ての人の日常に入ってほしいと願っています。
そのために、通常のお稽古だけではなく、
観世流の能楽と茶のコラボレーション「能茶会」や、
サイクリングと茶で「散走茶会」、
渋谷の金王神社の祭りでの茶会などは、
多くの同志や稽古生とともに、さまざまな手段で普及活動を行っています。

2011年には、仕事の場でお茶を点てるための「おもてなし講座」を始め、
日常で人を大切にするリーダーたちがお茶を習い始めています。

お茶はハードルの高いものではありませんし、
そうであってはいけないと思っています。
お茶は日本の誇る最高のおもてなし文化です。
日常でお茶が活かされてこそ、そのすばらしさがあります。

皆さんもぜひお茶を日常で点ててみませんか。
茶道の目的といわれる「直心の交わり」をしてみませんか。


主な活動

志あるリーダーのための寺子屋塾

電子書籍を出版しました。

私は、WEBマガジン「寺子屋塾」で、お茶の事を書いています。
お茶の素晴らしさが、一人でも多くの方へ伝えることが出来たらどんなにいいだろうと思って書いてきました。
日常で見かける出来事が、茶道の切り口から見てみることで、読者の「おもてなし」の見どころが一つでも増えたらいいなぁと思い、お茶のおもてなしを中心軸に書いてきました。
また、書くことで、なぜお茶に出会い、これから何をしていくかなど、 自分を見つめる時間になりました。
そして、2013年8月8日に、「寺子屋塾」で書いてきたことが、電子出版になりました。

ともに創る日本のおもてなし 〜あなたもお茶を点ててみませんか?
久保比登美(著) 電子出版:100円 アマゾンから購入できます。